だからモノに依存してしまう。

特集「みんな、何かの依存症」第1回では、依存症になるメカニズムを聞いた。では、依存症にならないためにはどうすればいいのだろうか。また、依存症になりやすい人の特徴なども合わせて、前回に続き、精神科医の和田秀樹さんにお話を聞く。

依存症になるのは、そもそも身体が苦しく、心もしんどいからゆる体操でゆるめて、基本的に体を幼児のように気持ちよくすればそんな悪いほうに傾いていきにくくなる写真、田代まさしかと思った。
俺は大きなおっぱいを吸うのが止められない…。仕事依存症も、、、、、趣味嗜好の問題を解決できても何かに入れ込んでしまう日本民族の気質は変わらないんじゃないかな開国派だけど文化の交錯には注意が必要だと思う依存に発展しがちな気がする
依存させて浪費させるように作られてるのに、依存しないようにとか矛盾だらけだわ・・・・酒もタバコも適度にやればいいのでは? 嗜好品なんだし個人の自由でしょ。
共依存という危険については、丸っきりスルーなんですが一応サラッと依存し過ぎちゃ駄目っつー例えが書かれてるけども、彼氏を1秒でも離したくないってのは、どっちかってーと我儘と束縛の面の方が強い&共依存は恋人・夫婦等の恋愛関係にのみ成り立つものじゃないので、依存の対象を無機物から人に変えれば如何にかなるってのは、ちと乱暴過ぎる説だと思う